退屈な話

「書かないことは、なかったこと」 せっかくパソコン持ってるので日記を書きます。

その他

哲学論文の書き方 How to Write a Philosophy Paper(後編)

イエール大学の哲学科教授シェリー・ケイガンによる、哲学論文の書き方に関する指南の翻訳をしたものの後編です。前半はこちら。 boring-story.hatenablog.com それでは以下、翻訳です。 4. いい哲学論文を書く上で、とりわけ重要となるいくつかの点について…

哲学論文の書き方 How to Write a Philosophy Paper(前編)

なんであれ論文を書くのは難しいです。理系はもちろん、文系でも、実験やフィールドワークを含む心理学や社会学は、きちんとした仕方で論文を各ハウツー本などが出回っており、方法論が普及しているのではないでしょうか。これに対して哲学はなかなかそうし…

論文執筆にまつわるいくつかの反省ーー来るべき苦しみのためにーー

2017年11月1日、私は一応とある論文を書き上げることができた。しかし、完成に至るまで多くの障害があり、出来自体も納得できるものにならなかった。そこで今回は、この経験を次の執筆に活かせるようにいくつかポイントを書き残しておきたい(このあと、少な…

自殺したくなって、いのちの電話に200回電話をかけた話

ある夜、ものすごく死にたくなってほうぼうに電話をかけまくるということがあったので、ここにメモ書き程度のものを残しておく。 8/15の夜から8/16の未明にかけて、自分がいままで感じたことがないほど強烈な不安というか死にたさというか、情けなさみたいな…

深夜の斉藤さんでの議論に負けてしまった話

深夜の斉藤さん神の存在証明バトルに敗北してしまった 斎藤さんとは、スマートフォンのアプリでいつでもどこでも、同じアプリを使っている人と電話が繋がってしまうという、出会い系、もといコミュニケーションアプリです。 ひょんなことからおしゃべりする…